PCIDSSクラウド

PCIDSSクラウド

PCIDSSクラウド

PCIDSSクラウド

割賦販売法改正に対する対応する特に「非保持化」を意識したサービスメニューです。クレジットカード情報をCREPASSに全て預ける仕組みとなります。

1)自社で構築する場合

■PCIDSSの取得が必要です。

  1. PCIDSSの要件にあったハードウェア、セキュリティソフト、設定、開発、運用が必要となります。
  2. QSAに監査依頼を行います。
  3. ASVに年4回の診断を依頼します。また、年1回のネットワーク診断を実機に対し行います。
  4. PCIDSSは毎年更新が必要となります。

PCIDSSを取得する場合(対応する時間とコスト)

費用削減

2)CREPASSを利用する場合

2)CREPASSをご利用いただく場合

■CREPASSS PCIDSSクラウドにデータをハウジングする場合は、サービス費用のみ発生します。詳しくはお問合せください。
CREPASSをご利用いただく場合